女の子
  1. Home
  2. 小さい内から音に触れる

小さい内から音に触れる

楽器

楽しく活動できる

私たちの生活に欠かせない存在となった音楽。ピアノやギターなどを弾くことだけではなく、ドラマやアニメの主題歌や挿入歌、最近では駅の案内などにも利用されています。子どもの頃ピアノを習っていたという人も多いのではないでしょうか。近頃幼児の頃から通うことのできる音楽教室も増えてきています。幼児期の経験はその後の人生に大きく関わりがあります。音楽だけではなく他の競技等においても「3歳から練習を始めていた」などといったエピソードを聞いたことがある人も多いことでしょう。幼児期に通うことのできる音楽教室では、基本的な音について遊びを通じて学んでいくスタイルが主に取られています。まだ幼い子供に文字でいろいろと説明するのは実に難しいものです。しかし、音と触れ合いながら身体を使って学ぶことで、視覚や聴覚などを刺激し、自然と身についていきます。そのような体験を幼児期から専門的にできるという点は、音楽教室でしかできない体験のひとつといえるでしょう。そのような音楽教室のカリキュラムでは、3歳を目安にピアノなどの楽器に触れる教室が多く見受けられます。特にピアノを弾くことは脳の活性化にもつながるといわれており、積極的に行われています。今までは音を身体で表現するだけだったものが、実際に自分の力で音を作り出す作業へと移行します。そうすることによって、より音楽というものへの興味が増し、もっと学びたい、楽しみたいという気持ちが生まれてくることでしょう。